民法一問一答 | 公務員・行政書士・宅建士独学支援

行政書士・宅建士試験で実際に出題された問題を一問一答で公開しており。隙間時間や知識の確認などにぜひご活用ください。

民法一問一答
[ 民法 ]
Aに雇われているBの運転する車が、Aの事業の執行中に、Cの車と衝突して歩行者Dを負傷させた場合に関する次の記述を民法の規定および判例に照らし、妥当かを判断してください。なお、Aには使用者責任、BおよびCには共同不法行為責任が成立するものとする。

CがDに対して損害を全額賠償した場合、Cは、Bに対してはB・C間の過失の割合によるBの負担部分について求償することができるが、共同不法行為者でないAに対しては求償することができない。
平成30年問33

本サイトについて 行政書士試験の過去問につきまして、一般財団法人行政書士試験研究センターの許諾をもとに掲載しております。

また、本サイトのオリジナル問題は管理人が学習した内容にもとにして制作しております。

なお、問題内容に誤りを見つけた場合は下記お問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

問い合わせ