行政書士過去問 一問一答

実際の本試験からランダムで出題される一問一答されますので、知識のアウトプットから本試験前の追い込みにぜひご活用ください。

行政書士一問一答
[ 民法 ]
物権の成立に関する次のア~オの記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当でないものの組合せはどれか。平成29年問29
  1. 他人の土地の地下または空間の一部について、工作物を所有するため、上下の範囲を定めて地上権を設定することは認められない。
  2. 一筆の土地の一部について、所有権を時効によって取得することは認められる。
  3. 構成部分の変動する集合動産について、一括して譲渡担保の目的とすることは認められない。
  4. 土地に生育する樹木について、明認方法を施した上で、土地とは独立した目的物として売却することは認められる。
  5. 地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる。

本サイトについて

行政書士試験の過去問につきまして、一般財団法人行政書士試験研究センターの許諾をもとに掲載しております。

また、本サイトのオリジナル問題は管理人が学習した内容にもとにして制作しております。

なお、問題内容に誤りを見つけた場合は下記お問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

問い合わせ