民法一問一答 | 公務員・行政書士・宅建士・司法書士独学支援

行政書士・宅建士・司法書士試験で実際に出題された問題を一問一答で公開しており。隙間時間や知識の確認などにぜひご活用ください。

民法一問一答
[ 民法 ]
Aが、父親Bから代理権を授与されていないのに、Bの代理人として、第三者との間で、B所有の甲建物を売る契約(以下「本件売買契約」という。)を締結した。この事例に関する次の記述を判例の趣旨に照らし正誤を判断してください。
なお、本件売買契約の締結は、商行為に当たらないものとする。

本件売買契約の締結後にAが死亡し、Bが他の相続人Cと共にAを相続し、その後、CがBを単独で相続した場合には、Cは、本件売買契約の追認を拒絶することができる。
司法書士試験令和2年午前の部問5

本サイトについて

司法書士試験の過去問につきましては、法務省ウェブサイトのコンテンツの利用についてのルールにを基づき掲載しております。

行政書士試験の過去問につきましては、一般財団法人行政書士試験研究センターの許諾をもとに掲載しております。

宅地建物取引士資格試験の過去問につきましては、一般財団法人 不動産適正取引推進機構の許諾をもとに掲載しております。

また、本サイトのオリジナル問題は管理人が学習した内容にもとにして制作しております。

なお、問題内容に誤りを見つけた場合は下記お問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

問い合わせ